生方日記 REAL DIRECTION BLOG

ブログトップ

何か力になりたい ”チャリティセミナーの開催”

こんにちは。
生方です。
東日本大震災から2週間が経とうとしています。
連日衝撃的な映像を見て、またさまざまな被害状況を知り、何かできないだろうかと考えておりました。できれば通常の仕事を通して役に立ちたい! との思いです。

そこで、不動産法務サポートオフィス代表の行政書士中沢誠様の共同開催を得、更には株式会社DS Management&Agencyの須長大城社長の協賛を得て、チャリティセミナーを開催することとしました!4月16日於品川です。内容は、不動産投資に係わるリスクについてを主体に考えています。

実は地震の翌日の3月12日に弊社主催セミナーの開催を予定していたのですが、当日の交通事情等を考慮して開催の延期を決めました。今回形を変えてそれを役に立てようと思い立ったものです。参加していただく皆様から頂戴する参加費を、全額日本赤十字社東京支部を通して、地震被災地の義援金として寄付させていただきます。

この2週間ほどで、日本の価値観が大きく変わろうとしています。そこにはまだ方向性が見えないことが多くありますが、変わらない部分は確かにあるはずです。皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
参加ご希望の方は以下のサイトから申し込んでいただけると幸いです。

http://kokucheese.com/event/index/9391/
よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by nubukata | 2011-03-24 22:25

遅ればせながら

こんばんは。
生方です。
今回は少し前に終わりましたが、我々日本中に多くの感動を与えてくれたサッカーアジアカップで感じたことをいくつか。大会期間中は、冷静さを欠く意見になりがちと自粛しておりました。

1.日本チームが見せた、何があっても動揺しない心:今回カタール大会ではいろいろな試練がありました。スポーツの中の出来事とはいえ、見ている方でも思わず声を上げてしまうような場面が何回もありました。けが人がでる。終了間際に点が入る。その中でも厳しかったのは、審判のジャッジが不可解だったことです。そのためにPKが与えられる。退場になる。日本だけでなく他の参加国にとっても同様でした。ゲーム自体への集中が途切れてもおかしくない状況です。その中で倒れ伏しながらも立ち上がり、勝利をもぎ取る精神力を見せた日本チームは本当に素晴らしかったです。数々の国際大会の経験を経て、培った力だと思いました。そして何より指揮官はもちろん選手たちにも、最悪の事態の覚悟ができていたのではないでしょうか。これが数々の危機を乗り越える力を与えたのです。

2.カタールの報道力は力強かった:実況放送中に「この映像はカタール現地の制作画像です」という言い訳?が数多くコメントされていましたが、実はフェアな素晴らしいカメラワークだったと思います。開催国にさえ偏重しない報道であり、疑惑のシーンを早いタイミングで超スローモーションで再生する報道力は、現代のモダンな放送の先端に近く、素晴らしかったと思います。小生は民報の実況はみませんでしたが、貧しい報道内容を芸能人が補完するような日本の放送は猛省し、世界のスポーツ報道の流れをきちんと学習してほしいと限り無く願いました。

3.君が代は日本国歌:国際大会のリリシズム、国歌吹奏に於いて君が代はやはり異彩を放っています。他のアジアの国も国歌はなぜか西洋音楽の音律での作曲が多く、そうするとどうしても西洋の物まね風になってしまっているのですが、君が代は旋律といい、日本そのものでした。国歌の意味として様々な意見がある君が代ですが、国際舞台で聞くと存在感が素晴らしいと思ってしまいます。

久々の投稿にしては、趣味に終始いたしました。
皆様はどのようにご覧になりましたか?
[PR]
# by nubukata | 2011-02-13 00:04

賃貸住戸のトレンド

こんばんは。
ブログ初心者の不動産コンサルタント生方です。
今年はどんな年かというと、計算上世界の人口が70億人を超える年になるようです。
小生の小さいころには世界人口30~40億人と言っていたような気がするのですが、加速度的に人口が増えてるのでしょう。ちなみに産業革命が始まったころには10億人、5億人から倍増するのに700年くらいかかっています。ところが第二次世界大戦後1950年に25億人だったのが、このわずか60年でなんと2.8倍にもなってしまうということです。現在では年間8,000万人程度づつ増えているそうです。
一方の日本は人口の増えない時代から減少する時代に入り始めたと盛んに言われています。その他ヨーロッパの国々や一人っ子政策の中国は人口増のほとんどない時代を迎えています。つまり発展途上国の人口ばかりが爆発的に増えていくということになるのですね。この先経済、物流、資源、産業、環境へのストレスをはじめ政治、国力など大きく変化していくことは容易に想像できます。しかしどのようなバランスが現れだすのかは誰も言い当てることはできません。確かなとこは変わるということです。
日本の人口が減っていくということ、また高齢者の年金負担をはじめとする社会保障制度への自然な対応として、今まで核家族化一辺倒だった世帯構成の流れが変わるという指摘も示されていました。複数世代(つまり親・子供に祖父母の世代が追加されて、さらにはひ孫の代も加わるかもしれません)が一つ所帯に一緒に暮し、複数の稼ぐ人間からの収入で生計を立て、一方で住居費を圧縮するという合理的な生活です。昨今の祖父母の世代も今の若い人の価値観と擦りあえるという生活の変化も寄与しているのかもしれません。身近な変化としてはすぐにでも触れることになりそうな事柄です。賃貸市場にも変化が現れるでしょう。ワンルームの供給ばかりがされていた賃貸市場ですがバリュエーションを持つことが不動産投資のポートフォリオとしてますます重要になるでありましょう。
この件は今後また考えていきます。
[PR]
# by nubukata | 2011-01-09 00:22

はじめまして

皆様
新年あけましておめでとうございます。と同時にはじめまして。
不動産コンサルタントの生方直人(うぶかたなおんど)です。
しつこいようですが、名前は「なおんど」と読みます。本名であります。
昨年11月に会社を設立し、本年より本格的に事業を開始いたします。
簡単に自己紹介させていただきます。
私は自分でも収益不動産を所有並びに運営しております。またこの10年間は米国の投資ファンドをはじめとする不動産投資会社に勤務してまいりました。ビジネスが順調な時も、立ち行かなくなった時も真正面から受け止めてまいりました。その経験を生かして不動産投資のお手伝いができたらと考えております。
このブログでは業務上のことや、勝手ながら趣味や小生の所感などを述べさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。
今年の東京のお正月は晴天に恵まれ、初日の出が街並みを照らし始めてゆく様を見ることができました。
いろいろな天候がありますが、やはり太陽を見れるのはありがたいことです。
今年が良い年でありますよう。

a0187954_3204349.jpg

[PR]
# by nubukata | 2011-01-03 00:04
 | 

不動産投資コンサルタントとして独立しました。仕事、趣味その他記載していきます。
by nubukata

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

何か力になりたい ”チャリテ..
at 2011-03-24 22:25
遅ればせながら
at 2011-02-13 00:04
賃貸住戸のトレンド
at 2011-01-09 00:22
はじめまして
at 2011-01-03 00:04

以前の記事

2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧